2017東海S回顧

テンかなり緩く中盤緩く上がり僅かに早い。タイム的には凡戦。
グレンツェント4角4.
アスカノロマン
インカンテーション

グレンツェントは悪くない内容だがレースレベルは疑問。
アスカノロマン、インカンテーションは見所の無いレース。

アスカノロマンは状態面の難しさからか、戦績にムラがある。
アンタレスSやチャンピオンズC、平安Sを見てもタイムトライアルのようなシビアなペースを追走することで、先行スピードで他を圧倒する競馬が得意。
フェブラリーSは少し距離が短いが、それでも追走力があるのでスピード負けはしないと思える。
状態が好転するなら気になる存在。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。