2017フェブラリーS予想

土曜深夜の雨予報はどうなったのか、今日の府中は砂が巻き起こるダート。
揉まれず砂を被らなければ巻き返しが順当に狙えるはずだったモーニンは、内枠で初騎乗のムーア騎手でパサパサのダートならあまり買いたくない。
コパノリッキーも前走はペースで距離で言い訳が出来ないことはないが、こちらも先行力に陰りを見せているので内枠では前進を期待しづらい。

人気落ちのサウンドトゥルーは、ローテーションと騎手と適性を重視する最近の競馬ファンの不支持の現れか。
私も評価していません。

ゴールドドリームは前走の敗因が「出遅れて先行」「ハイペース」と明らかで、人気サイド。
こちらもスピードダートや緩急のあるペースでスピードと末脚のキレを活かしたいので、パサパサダートは微妙。

カフジテイクはパサパサダート歓迎も、根岸Sの段階でフェブラリーSは追走スピード無いので合わないと思っていた。

ノンコノユメは去勢明け半年でそろそろパフォーマンスが上がる頃だが、近走の悪さからそれだけに賭けるのはあまり...。


上記の馬にはこんなイメージを持っているので、人気サイドで信頼がおけるのは、ベストウォーリアのみだと思っています。
前哨戦も好内容で、昨年のフェブラリーSも緩急を受けつつの4着で、平均ペースで流れてくれればもっとレースはしやすくなるはず。

穴で期待出来るのはアスカノロマンとケイティブレイブのどちらかかなーと思っていましたが、ケイティブレイブはローテーションのキツさと立ち回りの上手さを活かせないので、今回はアスカノロマンを取りたいです。


○9ベストウォーリア(前走好内容。追走力ある)
▲5アスカノロマン(追走力は一線級。揉まれず追走できれば)

単勝
5
9
馬連
5‐9
馬単
5→9
計400円

回収率
 2160円/3100円


ひとこと
カフジテイクが人気を吸いまくって、他の馬を頭から狙う作戦でしたが、みなさん人気をつくるのが上手いですね。
カフジテイクをダントツ人気にしないとは、現代競馬ファンはみんな予想家レベルですね。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。