レイデオロは本物か? 近2走を回顧

先日のツイキャスの後半で、スカイポットさんはレイデオロをあまり評価していないという話をお聴きしたので、私もレイデオロのレースを振り返っておきます。

2016ホープフルS
フラット。テン中盤少し早く上がり2F掛かる。
レイデオロ4角3.
マイネルスフェーン最内。
グローブシアター4角4・5.
サングレーザー掛かる。4角2・3.早め先頭。

レイデオロは流れたペースを後方のインに構え、コーナーでも上手く馬群を誘導した形。
展開利はあると思う。

展開で損をしたのはサングレーザー。
ペースも緩くないのに掛かって早め先頭は負けて強しだが、気性不安はある。

マイネルスフェーンは恵まれ大きい。
グローブシアターは着順通りの評価。

チェック:サングレーザー


2016葉牡丹賞
フラット。中盤少し早い。
レイデオロとコマノインパルスは後方の外から差した形。
相手が弱かったのもあるかもしれないが、末脚は光った。


レイデオロの不安要素は、弱いメンバーに恵まれたこと、後方からの脚質であること。
皐月賞に直行するそうなので、休み明けも不安要素ですね。
別路線からの馬にやられる可能性を考えてみたいです。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。