2017弥生賞予想 先行馬狙い

◎マイスタイル
戦ってきた相手の弱さと地味なレース振りからか人気は無いが、シンザン記念は先行馬に苦しい展開の中粘っての5着で好内容だった。
今回は先行馬も少なく、そもそも強力な末脚を持つ馬もいないのであっさり粘ってしまうのではないか。
弥生賞は特にペースが緩みやすいので、スローで2勝しているこの馬の適性に合う。
ハーツクライ産駒の距離延長も良い。

相手は先行して末脚を使えるダイワキャグニーだけ。

コマノインパルスも中山で安定感あるが後方からの脚質が気になる。

今開催の中山芝はディープのキレが削がれているよう(あみー氏と血統予想のスンイチロー氏が指摘)なので、京都でキレるディープ産駒カデナは人気を裏切ると見る。


☆10マイスタイル(シンザン記念好内容。地味だがスローなら堅実な先行馬)
▲9ダイワキャグニー(能力上位。先行馬)
?カデナ(今開催の中山はディープ産駒不振。京都でキレるカデナは未知数大きい)

10
単100円
複100円
馬連
9-10
ワイド
9-10
計400円

回収率
 2560円/4500円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。