2017フラワーC予想

ファンディーナの強さはつばき賞の回顧で語ったので勝つとして、問題は相手。

2番手以下は混戦に見えるが、スカイポット氏も指摘しているようにやはりディーパワンサ、サンティール、ハナレイムーンの辺りが上位。

ディーパワンサは阪神JFでは脚を使わされたが、1800mで追走スピードが下がればパフォーマンスは上がるはず。今のタフな馬場も合う。

サンティールは前走の大敗からか人気が無いが、前走はスタート後に接触して後方からになったのが痛かった。
今回は巻き返しアリ。

ハナレイムーンはただでさえ小柄なのに更にマイナス体重。ここでは苦しいのではないか。


◎12ファンディーナ(能力は世代最上位)
▲1ディーパワンサ(能力上位。タフな馬場向く)
▲4サンティール(前走スタート後接触響く。2走前は好内容)

馬単
12→1・4
計200円

回収率
 7730円/5800円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。