2017皐月賞回顧

テン僅かに早く中盤上がり早い。
ハイペースという訳でもないので、単純にペース速い3・4コーナーで外を回した馬や動いた馬が損。
早め先頭のクリンチャー、ファンディーナ、外を回しながら伸びてきたスワーヴリチャード。
この3頭がダービーで前進すると思います。
ペルシアンナイトも、能力的にはダービーで通用するでしょうね。
カデナは適性だけで能力足りないと見ていますがどうでしょう。

それにしても、ファンディーナは4角で非常に手応えが良かったですが、直線に入ってからはダメでしたね。
フットワークの雄大さや反応の良さを見るに、スローペースで末脚を活かす競馬に寄っているんでしょうね。

この世代は差し馬があんまり強く無くて、ダービーはスローペースに強い先行馬が押し切ると見ています。
クリンチャーかファンディーナ、もしくは好位のインを取ってきた時のペルシアンナイトかスワーヴリチャードですね。
ペースが流れてくれるならリスグラシューも向いていると思います。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。