2017大阪杯予想

差しが決まる馬場で逃げ馬が揃い、小回り中距離のハイペースとなれば、狙い目はアンビシャスとステファノスの2頭だと思います。

アンビシャスは超スローの前走中山記念で出遅れて後方外を回しなんとか4着。残り5Fからはペースが上がっていたので、4角で外を回ったのはかなりロスが大きかったと思います。典型的な、「負けて強し」の競馬でした。
昨年の中山記念を見ても、小回りの1800mでペースが早くとも末脚を削られないタイプで、天皇賞秋のように直線長いスローの2000mで一歩足りなくとも、阪神2000mでペース上がればG1級の資質を秘めていると思います。

ステファノスはもう有名になっていますが、前哨戦で落として本番でパフォーマンスを上げる藤原調教師のメソッドを体現している馬。
昨年の天皇賞秋でアンビシャスと互角で、鳴尾記念は調子が上がっていないはずの前哨戦で2着まで走ったように、阪神2000mのハイペースは適性バッチリのはず。
金鯱賞はロングスパート戦を外からロスした分伸びきれなかったが、前哨戦でこれなら本番はヤマカツエースよりも上位。


サトノクラウンは追走力無いので買えない。
マカヒキも中距離は悪くないがペースに緩急が欲しい。単調なハイペースだと微妙。
キタサンブラック、ミッキーロケットは正当なオッズに思える。


ハイペースなら
○12アンビシャス(前走は負けて強し。小回りハイペースはベスト条件)
○4ステファノス(叩き2走目の本番に強く、追走力ある中距離馬)
△キタサンブラック
△ミッキーロケット
▽マカヒキ
消サトノクラウン(追走力無く、平坦のスローロングスパート戦が得意。ココより春天で)


単勝
4 200円
12 200円
馬連
4-12
計500円

回収率
 7730円/6300円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。