追記:2017桜花賞予想

スローの1800mのレースを2戦勝利しながら、一気に追走ペースが上がった阪神JFもあっさり抜け出したように、ソウルスターリングの本質はマイルで活かせるような先行力。それと末脚の持続力。
マイルの舞台で崩れることは無いと見る。

リスグラシューは阪神JFが好内容だっただけに前走の敗因が掴みにくいが、圧勝した2歳の未勝利戦から考えると、タイトなペースの中距離に強い印象で、本質的には出遅れて差すのではなく流れに乗って抜け出したいタイプ。
重馬場なら確実にジリジリと伸びて来るこの馬の良さが出て来ると思うし、何より前走以外はソウルスターリングに引けを取らないので、ここでも評価。

2017クイーンC
テン僅かに早く中盤僅かに緩く上がり2F少し早い。
アドマイヤミヤビ
マイルへの距離短縮が不安視されてか、カデナ、アウトライアーズといった強豪を破ったにもかかわらずダントツ人気とはならなかった。

アエロリット
毎回厳しいペースで早めの競馬をして差されていて、今回もかなり手応えよく外を先行して直線へ入った。
アドマイヤミヤビを出し抜くシーンもあったが最後は差されてしまった...だけに見えるが、パトロールビデオでは横山騎手がアドマイヤミヤビと並走させようと寄せるシーンがあった。少しソラを使っていたのかもしれない。
基本的に横山騎手は綺麗な競馬を好むが、今回はあえて横に誘導して寄せに行っていたので、この馬の癖を掴んでいるのではないか。
本番ではアドマイヤミヤビがテン乗りのデムーロ騎手なら、馬を知っている騎手が乗り続けるこちらに有利がある。

アドマイヤミヤビとアエロリットの評価はほとんど同じですが、スピードの前向きさと騎手の差で今回はアエロリットが上を行く可能性は十分にあると見ています。


ミスパンテール
外枠で四位騎手なので大外を回すと思われる。血統も雨の阪神に合っているし戦績からも上積みが期待できるが、そもそものレース内容はリスグラシューと互角か少し下で、リスグラシューがパフォーマンスを戻しさえすれば逆転できないと考える。

ミスエルテはパフォーマンスが足りないし、別路線組も今年のメンバーレベルだと届かない。

○14ソウルスターリング(能力高い)
▲+6リスグラシュー(能力高いも体重増えず、成長不安)
△12アエロリット(前走はアドマイヤミヤビと互角。横山騎手と合っている)
▽アドマイヤミヤビ
▽ミスパンテール

たぶん上の3頭しか買いません。


追記:リスグラシューの馬体重が増えていなかったので、少し買い目を削りました。うーん...。

ワイド
6-14 200円
単勝
6
馬単
6→14
三連複
6-12-14
計500円

回収率
 7730円/6800円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。