2017ダービー予想

外有利の馬場状態。

買いたくないのはサトノアーサー。
毎日杯は阪神の外回りの長い直線を、早め先頭のアルアインに押し切られたもので、差し有利の条件でも後手を踏んで差し切れないようならフルゲートのダービーで差し切れるとは思えない。

皐月賞の回顧では、クリンチャー、ファンディーナ、ペルシアンナイト、スワーヴリチャードの4頭がダービーでもチェックしておきたいとコメントしました。
馬場が外有利ならば、ペルシアンナイトは普通に評価していいでしょう。上位評価。

そして、別路線からの刺客はアドミラブル。
青葉賞はペースが流れたとはいえ最後方追走からも捲りなので、持続力こそあるもののフルゲートのダービーでは少し不安。
アザレア賞は超スローを早めに抜け出して最後は流して上がり33.5秒。持続力だけでなくトップスピードも相当。
3走前の未勝利戦はテン中盤の早い流れを中団後ろで追走して完勝。追走力もある。

青葉賞の走りだけでは追走力に不安もありましたが、未勝利戦の勝ち方はむしろペースをガンガン引き上げられても対応できるように思えます。
レイデオロやカデナ、サトノアーサーが追走力を見せていない中で、人気上位のアドミラブルだけが追走力を見せているというのは明らかな協調材料。
外差し傾向も当然歓迎で、ここは評価すべき1頭です。

強い差し馬不在の世代なのでダービーはクリンチャーか先行力もそれなりにあるペルシアンナイトかスワーヴリチャードを推そうと思っていたのですが、戦績を見てみる限りアドミラブルは間違いなく「強い差し馬」です。


・馬場が外差しと読んで

○18アドミラブル(この世代で唯一、持続力、トップスピード、追走力の3つを示している差し馬)
▲11ペルシアンナイト(能力上位。末脚あるので距離こなせる)
△4スワーヴリチャード(能力上位。左回り向く)
△5クリンチャー(能力上位。距離延長向く)

馬連
軸18から相手4・5・11
三連複
軸18から相手4・5・11
計600円

回収率
 8570円/9300円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。