2017安田記念予想

2017マイラーズC
テン少し緩く上がり早い。
ペースが緩い内にインの好位置まで押し上げたイスラボニータが直線で少し仕掛け遅れての勝利。
完璧な騎乗。元々持続力が無いため、仕掛け遅れるくらいがちょうどいい。
外を回って差を詰めたエアスピネルが内容上。

2017京王杯スプリングC
フラット。直線中伸び。テン少し緩く中盤かなり緩い。
レッドファルクスは強い競馬だが重馬場は向いた。
中盤の緩みで折り合いを欠き、直線でも内を突くしかなかったサトノアラジンは、次走で巻き返してもおかしくない。

出走馬の中で、前走ちゃんと不利を受けている馬はサトノアラジンだけだったので本命に。昨年の安田記念もスローを仕掛け遅れての4着なので、外差しの今年ペースが流れれば勝ち切る計算。


○14サトノアラジン(前走はペースと馬場の不利有。持続力・底力ある大型馬で、安田記念向く)
▲8エアスピネル(前走はイスラボニータより強い内容。ペースは流れた方が先行力活かせる)
△16ロゴタイプ(調子良く、先行力あるため単騎逃げ狙える)

14
単勝
400円
馬連
軸14から相手8・16
ワイド
軸14から相手8・16
計800円

回収率
 8570円/10100円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。