2017プロキオンS カフジテイクを嫌いたい

カフジテイクをフェブラリーSで評価を下げたように、芝スタートで先行スピードが求められる条件は苦手。
海外帰りで適性の合わない条件に出走して1番人気なら、逆張りしたいところです。

2番人気のイーデンホールはまだ能力の裏付けが足りません。

アキトクレッセントも近走内容は良いものの、播磨Sの伸びきれないレースやスピードダートの逃げ切り、超ハイペースクリスマスキャロル賞の差し切りを見ても、末脚が足りないタイプ。
適性は中京1400mとそれなりに合うと思うので、人気でなければ押さえてもいい。

東京1400m実績は中京1400mに繋がらないのでベストマッチョも軽視。

中京1400mと関連のある阪神1400m実績豊富なキングズガードも適性は合いますが、プロキオンSや根岸Sではロスの無いイン突きで3・4着で、キングズガード自身芝スタートで遅れることが多いので、カフジテイクを圧倒出来るくらいに中京1400mで期待出来るかと考えると微妙。押さえまで。

ブライトラインも適性高いが押さえまで。前走は進路無く度外視。


カフジテイクを嫌いたいもビシッと買える馬が見つからない。
さっきオッズみたらキングズガードとブライトラインのワイドがカフジテイクとブライトラインの組み合わせよりも安かった。

キングズガードとブライトラインの馬連を買うかどうか...。
安田記念のサトノアラジンみたいな強烈な妙味を感じないので、ここは「見」にします。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。