2017神戸新聞杯回顧

少し内有利。テン2F緩く中盤少し早い。
レイデオロ
キセキ
サトノアーサー
ダンビュライト
ベストアプローチ
マイスタイル

菊花賞が道悪のスタミナ勝負になるのなら、一昔前のセオリー通り、前付けした馬か4角で押し上げた馬ではないと菊花賞では厳しいのではないか。

早め先頭のダンビュライト。
キセキ、サトノアーサー、ベストアプローチらは、このレースを見る限りでは菊花賞で伸びしろがあるタイプではない。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。