2017セントライト記念回顧

少し内有利。テン2F少し早く中盤緩く上がり2F早い。中弛み。
ミッキースワロー
アルアイン
サトノクロニクル
スティッフェリオ
プラチナヴォイス
クリンチャー

ミッキースワローがあまりにキレた。
外から早め先頭に立ったアルアインはもちろん強いが、中弛みペースで上がりが早い中、ゴール前で更に伸びたミッキースワローのスピードは恐ろしい。
京都新聞杯の敗戦はやや不可解。

アルアインは菊花賞では距離適性の差が出そう。

正直、極端な上がり勝負になったので、ここでキレ負けした先行馬が菊花賞で前進しても驚けない。悩ましいレース。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。