2017毎日王冠回顧

フラット。中盤少し緩く上がり早い。
リアルスティールほぼ単騎。残り300mまで追い出し遅らせる。
サトノアラジン
グレーターロンドン
マカヒキ進路変更やや手間取る。
ソウルスターリング

やや中弛みペースで前が割と密集していたので、スペースを取って追走していた中団勢が有利。
とはいえ、早い上がり勝負の中で直線入り口から持ったままで走っていたリアルスティールのスピードはかなり光った。
追い出しを待っている段階ではサトノアラジンに迫られ、追い出してからはサトノアラジンを突き放していたものの、ゴール前では再びサトノアラジンに迫られていた。
リアルスティールはドバイターフや天皇賞秋での走りから、スローからの持続力勝負に強いと思っていたが、どうもキレが増しているような気がする。
ディープ×ストームキャットの血統はキズナもそうだが、古馬になってからは持続力よりキレが増してくるのかもしれない。
だとすると天皇賞で雨が降るのはマイナスでは。

サトノアラジンは相変わらず団子状態の馬群をフラットな馬場で大外から差す形なら崩れない。
持続力ある末脚なので距離延長もこなしてしまうが、絶好条件の安田記念で僅差勝ちなので天皇賞秋で更に前進をみこめないなら厳しいと思う。

グレーターロンドンはマイラーっぽくない走りなので、案外この距離ならサトノアラジン以上の伸びしろを見せて来るかも。
位置取りの悪さは気になるが。

マカヒキは進路変更に手間取ったとはいえパフォーマンスは足りない。
3歳の頃はキレもトップスピードも恐ろしいほどだったので、高速馬場でスローの中距離戦とかなら復活しても驚けない。エイシンフラッシュ的な復活ありそう。

ソウルスターリングは先行力でポジションさを活かして押し切るレースをしてきたので、中弛みの逃げで引きつけてしまうのは良くなかった。
天皇賞秋でも平均ペースの内枠先行なら普通に上位に来そう。

天皇賞秋で狙いたい馬はいない。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。