2017オールカマー回顧

少し内有利。テン4Fかなり緩く上がり4F早い。
ルージュバック
ステファノス
ディサイファ

こういうペースだと後ろはどうしようもないですね。
7枠8枠で4角で外を回っていた馬にはノーチャンスでした。
外に振られながらもジリジリ伸びていたアルバートはさすがですね。

イン先行のから抜け出したルージュバックは恵まれましたが、いつも外からしか差せなかったのでイン突きを決めたのはこの馬にとっては成長です。
ステファノスは僅かに外を回った分、詰め切れなかった印象。

ステファノスはすごくいい中距離馬で自在性はあるんだけど、決め手が足りず勝ち切れない。
また2戦目で調子を上げて来るとは思うが、「狙いたい!」と強く推せる要素は無い。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。