2017ローズS回顧

テン早く中盤少し早く上がり少し掛かる。
ラビットラン
カワキタエンカほぼ単騎。
リスグラシュー
ミリッサ進路変更ロス。
メイショウオワラ
ファンディーナ手応え良い。
モズカッチャン

全体的にパフォーマンスは物足りず。
勝利したラビットラン、ハイペースで粘ったカワキタエンカ、休み明けでそこそこのパフォーマンスを見せてきたリスグラシュー、ファンディーナ辺りはそれなりに評価出来る。
細かいことを言えば、秋華賞では先行力、コーナリング、追走力、平坦向きのキレが問われるので、適性的にはラビットランは厳しい。
カワキタエンカはキレ不足で、リスグラシューはやや先行力とキレ不足、ファンディーナは調子がどこまで上がるか。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。