2017京都大賞典回顧

夏から秋の競馬をあまり見てなくて、スマートレイアーが京都大賞典を勝ったと聴いて違和感が凄かったのを覚えています。

少し内有利。テン中盤上がり少し早い。L6F目5F目が緩いやや中弛みの平均ペース。
スマートレイアー最内。
トーセンバジル最内。
シュヴァルグラン4角3・4.早めに動く。

ロス無く立ち回ったスマートレイアーは恵まれたのもあるが、ラストのキレはなかなか。
妙味は無さそうでも、能力上位。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。