2017秋華賞回顧

悔しいくらいに好レース。リスグラシューはとうとう大きなレースを一つも勝てないままクラシックが終わってしまった。

少し内有利~フラット。中盤かなり早く上がりかなり掛かる。
ディアドラ最内。直線外。
リスグラシュー4角3・4.
モズカッチャン0→2・3.

カワキタエンカはこんなペースで逃げて見せ場をつくるんだからすごい。
ディアドラのルメール騎手、3・4角で完全に脚を溜め切って直線で進路を素早く見つけた。素晴らしい騎乗。
能力的には、ハイペースを追走して早め先頭のモズカッチャンと外々を回って差を詰めたリスグラシューは勝ち馬と差が無いと思う。

京都外回り2200mなら、小回り実績を重ねてきたディアドラよりも、明らかに広いコース向きのリスグラシューが向くと思う。もちろん、差せる馬場で上がり勝負にならなければの話だが。
モズカッチャンもポジションの有利が活かせそうなら侮れない。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。