2017ジャパンカップ回顧

少し内有利。中盤少し早い。
シュヴァルグラン最内。
レイデオロ4角3.
キタサンブラックほぼ単騎。落鉄。
マカヒキ直線躓く。
サトノクラウン早めに動く。4角4.5。
シャケトラ3.5.

紛れの無いペースで流れ、能力上位の3頭が浮上。
京都大賞典では高速上がり4Fを押し上げて3着だったシュヴァルグランが、今回はインをロス無く先行し勝利。
キタサンブラックやサトノダイヤモンドと善戦するも勝利の無い戦績であったが、恵まれれば逆転できるくらいの能力は持っていた。
レイデオロは追走力も成長と共に身につけてきた。

シャケトラは宝塚記念で強かったのに今回は失速。
外を回されたし、直線入り口の手応えも悪くなかったので復調の兆しはあるか?
というより調教師の話で左回りは骨折の影響からか真っ直ぐ走れないらしい。今回もフラつくシーンがあった。
買い続けても元を取れる馬だと思っているので、少しだけでも有馬記念では買いたい。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。