2018天皇賞秋予想

ペースの想定はスローからロングスパート。
馬場はかなりの高速馬場。

◎5スワーヴリチャード
かなりのスローから5Fスパートを掛けた大阪杯、タイムトライアルのようなハイペースを先行した安田記念。
どちらもこなしてきた以上、ラップタイム的な弱点は無い。
右回りのコーナーは苦手だが、左回りの直線が長い中距離はベストの舞台で、実力も適性もメンバー最上位。
人気サイドだが単勝が3倍付くなら悪くない。

○マカヒキ
札幌記念はレベルが低かったが大外ぶん回しでも好走できたのは収穫。
3歳の時からあまり成長が見られないものの、3歳時と同じ適性なら高速馬場の府中中距離の内枠が一番合うので今回は条件が揃ったと見る。
欲を言えば多頭数の方が脚を溜めるのに向いているので、少頭数で人気を背負うのは嬉しくは無い。
オッズに合わないので買いません。

▲レイデオロ
能力上位は間違い無いが、唯一不安があるとするなら2000mの高速馬場に対応出来るか未知数であるという点。
この馬、2000m戦の勝ち星こそあれど、それは後方から鋭く追い込んできたもの。
それはそれで強いのだが、裏を返せば2000m戦で位置を取りに行ける先行力は全く示していないということ。
スワーヴリチャードは高い先行力を示しているので、位置取りが重要な展開になるならこの馬の勝ち目が無くなります。
スローで団子ならダービーのようにルメールの押し上げも可能かもしれませんが、その点でもスワーヴリチャードは大阪杯でロングスパート能力を見せている訳で、この馬にアドバンテージが発生するシーンが思い付きません。
オッズに合わないので買いません。

☆3ヴィブロス
2018ドバイターフはハイペースを後方から差しただけの内容と思っていたが、ワンターンコースで強いディアドラ、リアルスティールを捕らえての2着なら好内容。しかも5着以下にはキッチリ差を付けていた。
秋華賞馬のイメージでこの馬のことを考えていたが、秋華賞も良く見れば直線だけで差しているような内容で、コーナーでの加速は上手く無いのかもしれない。
古馬になってからの着外はどれもツーターンコースで、シンプルな競馬場でシンプルな競馬をすればリアルスティールやディアドラと同じくらいの末脚を引き出してくる可能性が高いのではないか。
キセキやアルアインよりも前進を見込める。


当初はマカヒキ狙いだったが少頭数で売れてしまうのはキレる馬にとっては悪い展開。
キレるイスラボニータも多頭数の内枠でマークされずに脚を溜めての好走が多かったですよね。

そこで狙いを変更してキセキに目を付けましたが、どうも宝塚記念のパフォーマンスが足りず能力不足の疑い...。
単純にヴィブロスの方が強いのでそのまま買うことにしました。

暫定買い目(ツイッターで最終買い目を出します。大きくは変わりませんが...。)
馬単
3→5
5→3
ワイド
3-5 300円
計500円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。