2020ダービー ステップレース見解

2019東スポ杯
ややハイペース。好タイム。
コントレイルの追走力と末脚のスピードの高さが目立った。

2019ホープフルS
ややハイペース。一貫ペース。
コントレイルは4角で外を向きながら走っていた。皐月賞でもコーナリングが下手だったので小回りが苦手なタイプと推測。
ヴェルトライゼンテはタフで上がりの掛かる今回のようなレースが向いた。
ワーケア、オーソリティの能力差はあまり無い。
パンサラッサは距離短縮が向きそうな軽快な走り。直線が短い小回りの1週コースが良いのでは。

2020弥生賞
平均ペース。見た目ほど3・4角は早く無い。
サトノフラッグはコーナーで位置を押し上げて強く見える走りだが、先行馬が止まった面も大きかった。
直線入りでは手応えが非常に良く、末脚のキレも持続力もそれなりにある。
標準的な芝のスローペースなら対応できる展開は広そう。
外を回したオーソリティ、サトノフラッグ、ブラックホールはそれなりに強い競馬。

2020青葉賞
中弛みからの5Fスパート。欧州色の強い流れ。
ヴァルコス。先行力はあまり無いが、向こう正面でポジションを上げても気性が問題にならないのは収穫。
何より5Fスパートの流れの3・4角で3頭分外を回って直線を伸び続けたのはすごい。
ダービーでは雨が降ってスローからのロングスパート勝負なら。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。