2020NHKマイルカップ ステップレース見解&各馬評

2019朝日杯
かなりハイペース。
先行して抜け出したサリオスは強い。直線の途中では反応が良くなかったので、相手なりに走るタイプか持続系の末脚を持つタイプと推察。
外から差したタイセイビジョン、タガノビューティーは見た目通り。
後方からロスの無い競馬をしたグランレイは恵まれた。
ハイペース耐性を見せたビアンフェ、4角と直線でまごついたプリンスリターンに魅力。

2020毎日杯
やや早仕掛けで上がり掛かる。
出遅れてもインのスペースを立ち回れたサトノインプレッサ。上がりが掛かっているので、直線での仕掛け遅れは大きなマイナスにならない。

2020NTZ
少しハイペース。
やや不利を受けつつ大外を回したルフトシュトローム、ウイングレイテスト。
先行して粘ったハーモニーマゼラン、ソウルトレイン、アブソルティスモも見所がある。
特にハーモニーマゼランはペースの割に4角の手応えが良かった。直線では案外伸びなかったので、スプリンターっぽさを感じる。

2020アーリントンカップ
ハイペース。
少し外を回って差したタイセイビジョンより、先行して粘り込んだプリンスリターンと早めに外から前へ並びかけたギルデッドミラーに魅力。


サクセッション
超スローの上がり勝負で大外を回したスプリングS、ハイペースを大外から捻じ伏せたジュニアC。
見た目の戦績以上に資質の幅が広そう。先行力は微妙も、末脚の持続力は評価。

レシステンシア
1200m~1400mがベストに思えるが、時計の出る府中マイルでタイムアタックすれば逃げ切れそう。
メジャーエンブレムよりレーヌミノルのイメージ。

サトノインプレッサ
毎日杯は恵まれが大きい。こぶし賞は好内容もギルデッドミラーがもう少し早く仕掛けていれば差せなかったようにも見えた。
マイルなら追走スピードが下がって差しが届く展開でないと苦しそう。マイルより中距離向き。

タイセイビジョン
この世代のマイラーとして能力上位の1頭。

ルフトシュトローム
前走好内容。府中は未知数も能力上位。

ギルデッドミラー
タイセイビジョン、サトノインプレッサとあまり差が無い競馬をしており、2走前も好内容。
能力上位の1頭。

プリンスリターン
アーリントンC、朝日杯、函館2歳Sと全てタイセイビジョンに負けているものの、全てこちらの方が苦しい競馬をしている。
スムーズな先行策で恵まれればタイセイビジョンを逆転すると思うので狙い目。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。