2020安田記念 予想

◎グランアレグリア
「アーモンドアイを真っ向勝負で負かすには」という視点で考えたら、本命はすんなりと決まった。
馬群の中で中弛みを喰らった朝日杯、NHKマイルCで負け、レース中盤以降スピードを維持するようなレースでは全て好走。
圧勝した阪神Cでは追走力と末脚を証明。これは例年の安田記念で求められる能力とほぼ同じ。
前走はスプリント戦としては直線の長い中京1200mのスローペースで末脚を発揮。追走スピード的には1400m~1500mくらいがベストと確信できる走りだった。
1400m、1200mと使っての1600mなので先行出来る可能性は高いし、少頭数の外枠ならレース中盤にブレーキを掛けるリスクも小さい。
古馬になると好走できる範囲が狭くなるスピードタイプだと思うが、今回は好走できる範囲のど真ん中の条件。

○アーモンドアイ
特に書くこと無し。
強いて挙げるなら、前走がスムーズなレースだったため、今回出走するスプリンターの先行馬や中盤から脚が止まらないグランアレグリアに真っ向勝負を挑むと意外と脚を使わされるかも。

...インディチャンプ
追走力と極端なキレ。
タイトなペースで流れるマイル戦は基本的には得意だし、内枠を引いたので好走する可能性は高い。
が、この舞台でアーモンドアイを負かすには極端なキレよりもレース中盤~後半のトータルタイムをまとめることが重要。
極端なキレでアーモンドアイに対して優位に立つには、アーモンドアイが後手を踏む何らかの要因が必要になると思います。

その他1400m未満がベストの馬や1800m以上がベストの馬は評価しません。

買い目
5アーモンドアイ
11グランアレグリア

単勝
11 300円
馬単
11→5 300円

前日時点の買い目。
当日の馬場を要確認。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。