2020菊花賞 ステップレース見解&予想

2020京都新聞杯
フラット。少しハイペース。
それなりに先行して4角で外を回ったアドマイヤビルゴには苦しい競馬。
一度は前に出たマンオブスピリットをジワジワと差し返したディープボンドの持続力が目立つ。

2020ダービー
少し内有利。テン中盤少し緩い上がり4F勝負。
終始2頭分外を回ったディープボンド、終始3頭分外を回ったヴァルコス、4角4頭分外を回ったサリオスの後半の負荷は見た目以上に高い。

2020セントライト記念
少し内有利。スローからの5~6Fスパート戦。上がり掛かる。
バビットのペースメイクはほぼ完ぺきで、加点評価は出来ない。

バビットはテンさえスムーズに入れたらロングスパートだろうが上がり勝負だろうがそれなりにこなしてくる、総合力の高い逃げ馬。
菊花賞では更に適性の幅を見せる必要があるが、とにかくスムーズにテンを入れたら案外パフォーマンスは落ちない気がする。
同型のキメラヴェリテが厄介で、スタートして300m後の下り坂までに逃げ争いを終わらせていなければ、かなり苦しいと思う。

2020神戸新聞杯
少し内有利。テン早く中盤少し緩い中弛みペース。
1角で3頭分外を回ったディープキング、終始2頭分外を回ったディープボンド、4角大外を回したファルコニア、マイラプソディ、マンオブスピリットの距離ロスが目立った。
ターキッシュパレスも上位馬の中ではやや目立つ。
早め先頭のディープボンドは2着以下の中では一番強い競馬だった。
マンオブスピリットは大外をぶん回していたのに直線でゴチャついていて、可哀想な競馬だった。



コントレイルは能力上位。京都3000mは長く、重い馬場も合わないと思うが、これまで苦手と思える条件(中山2000m、中京2200m)でも能力差を見せ付けてきた。
ちなみに、仮にここで負けてもジャパンカップに出るなら買う予定。
ディープボンドは皐月賞で馬場の傷んだ内に閉じ込められ、ダービーと神戸新聞杯は少し内有利な馬場で外を回るというトラックバイアスに恵まれなかった馬。
能力的にはヴェルトライゼンデとほとんど互角だと思うし、ジリジリと伸びる末脚は距離延長や荒れ馬場に向くと思う。
ヴァルコスもダービー、青葉賞とトラックバイアスに逆行している馬。
セントライト記念はもうちょっと走って欲しかったが、休み明けで走るタイプにも思えないので仕方ないところか。

ヴァルトライゼンデ、バビット、アリストテレスにもそれなりに強調材料はあるし、マンオブスプリットもめちゃくちゃ嵌れば3着は取れそう。でも買いたいとは思えない。

○3コントレイル
▲8ディープボンド
▽14ヴァルコス

単勝
8
馬連
3-8 400円
三連複
3-8-14

計600円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。