2020天皇賞秋 ステップレース見解&予想

2020大阪杯
テンがかなり緩いも後半7Fはかなり早い流れ。
2番手のジナンボーが中盤以降のペースを引き締めた。
小回りを意識してか3・4角はかなりペースアップしていた。
ほぼ単騎で追走し最内にいたラッキーライラック、逃げたダノンキングリー、最内にいたカデナ、ワグネリアンが上位を占める。
4角で1・2頭分外を回ったクロノジェネシスはラッキーライラックより僅かに上の走りを見せた。
4角で外を回したブラストワンピース、マカヒキ、ロードマイウェイ、サトノソルタス、(ステイフーリッシュ)らは見事に全滅。
一気に捲ろうとしたブラストワンピースは当然の敗戦。この馬は捲りが決まるペースだと勝つし決まらないペースだと負ける。コーナーで平均的に脚を使いたいタイプ。

2020宝塚記念
フラット。直線中伸び。テン早い中弛みペース。上がり掛かる。
テンの負荷が大きく、位置を無理矢理取りに行ったブラストワンピース、そのブラストワンピースに煽られたクロノジェネシスはチェックしておきたい。
キセキは距離ロスこそ目立つものの、早いテンをやり過ごし中盤でジリジリと脚を使って位置を押し上げる完璧な競馬で、クロノジェネシスよりかなりスムーズに追走していた印象。

2020安田記念
フラット。直線少し中伸び。テン中盤少し早い一貫ペース。
ダノンキングリー少し掛かる。

ノームコア、ペルシアンナイトが次走の札幌記念でワンツーを決めたことから、2着以下で見せ場が無かった中距離馬も次走は期待して良いのではないか。

2020毎日王冠
少し内有利。テン中盤少し緩い一貫ペース。
ダイワキャグニー単騎。


アーモンドアイの能力上位は疑いようが無い。
安田記念ではマイルのシビアなペースを追走し末脚が削がれたが、2000mになれば不安は無い。
休み明けは6戦6勝であり、調教やローテーションを考えてもココが秋の大目標なのは明らか。

クロノジェネシスはタフな馬場の方が向くが、テンの負荷が高かった宝塚記念での完勝を見ると、かなり成長しているようにも思える。

ダノンキングリーは安田記念こそスムーズに運べなかったが、それ以前のレースはスムーズにこなせており、加点評価は無い。

フィエールマンはやはり距離が短い。
下り坂巧者の高速ステイヤーだと思っているので、それなりにペースが流れて直線でキレが求められる東京2000mは向かない。
スローからロングスパート戦のジャパンカップならチャンスはあったように思う。
それでも敢えて天皇賞秋から始動するのは、大目標の有馬記念に間隔を空けて挑みたいからだろう。

キセキは宝塚記念でクロノジェネシスとの勝負付けが完全に済んだと考える。
今の東京芝は外有利のバイアスが働いていないし、宝塚記念や京都大賞典のような競馬は再現できない。
前がかなり非効率なペース(ハイペースや中弛み)になったときだけ、遅れて突っ込んで来るだろう。

ブラストワンピースは負けたレースは全て敗因が明確。
宝塚記念、凱旋門賞は無理な先行策、大阪杯は2年連続早いコーナーで押し上げる無理な捲り。
目黒記念はレコードが出るシビアな流れを59キロ背負って外先行し失速。
器用な競馬が出来ない巨漢馬のイメージが先行し過ぎていて、陣営が「普通の競馬」を騎手に指示していないことが裏目に出ているような気がする。
東京が得意かは全く分からないですが、今回は少頭数の内枠で「普通の競馬」が出来そうなので買います。

ダノンプレミアムは評価に迷うも、能力上位の1頭。
印は回さないが5番手評価。

スカーレットカラーもブラストワンピースと同じで、ずっと能力全開のレースをさせてもらえていない馬。
もちろんそれは先行力の無さに起因する部分が大きいので仕方ない部分もあるのだが、先行力の無さが響かずシンプルな競馬が出来るワンターンの1800~2000mなら、パフォーマンスは上がるだろう。


◎9アーモンドアイ(能力最上位)
▲7クロノジェネシス(能力上位)
△1ブラストワンピース(近走不利)
△10スカーレットカラー(近走不利)

馬単
9→1
9→10
三連複
1-7-9
7-9-10
計400円

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。