2020朝日杯FS 予想 強い牝馬に「負けた」2頭

◎モントライゼ
京王杯2歳Sはテン早く中盤緩い中弛みペースを先行して勝利。
テンで脚を使っており、早め先頭から押し切ったのは強い内容。
ペースの緩急にも対応出来ていたので、一介のスピード馬には思えない。
小倉2歳Sではメイケイエールに真っ向勝負で敗北しているものの、ハイペースを2番手で追走していたので悪く無い内容。

○バスラットレオン
前走は20キロ増で度外視。
札幌2歳Sはシビアなペースを先行し、4角ではソダシ、ユーバーレーべンと共に早めに仕掛けての3着。
共に仕掛けた2頭には敗北したが、その2頭は阪神JFで結果を出しており、レースレベルは高かった。
新馬戦は超スローペースにもかかわらず直線で後続を突き放しており、ワンペースの先行馬のようでいて実はキレる脚が使えるタイプ。

モントライゼもバスラットレオンも戦績のイメージよりもずっと、阪神1600mをこなせるタイプだと思う。

人気馬はどれもそれなりに強いが、ドゥラモンドは前走の内容が「仕掛けの遅い地点で外を回って差す」という見た目は派手だが内容は軽いものなので軽視したい。

著者:カピバラ
 ラップタイム、馬場状態、距離ロスを重視したシンプルな回顧から、予想を組み立てていきます。判断に迷ったら、より合理的な方を選びます。良い予想をしている予想者には、対談を申し込ませていただくこともあります。