桜花賞2015結論

さて、今年のメンバー構成を見てみると...ムーンエクスプレスとクールホタルビ、その他にチョロっと微妙な感じのタイプの脚質の馬がいる程度。
ペースが遅くなるのは必至だし、レースの重心も隊列の後ろ側にかかるはずだ。
そこで、『脚を余す展開』という状況も考慮して考えてみたい。
そういう展開ならば、同じ物理特性を持った馬でも『前目の位置取り』で競馬をする馬が有利だ。

桜花賞に対する血統的指向性の強い馬で一番前目の位置取りを取るのは、おそらくテンダリーボイスであろう。
枠順決定前での予想で本命視していたが、外枠だとどうしてもアルテミスSのように気持ちが切れる心配があるので、ちょっと評価を落としておく。

キャットコインもおそらく、前走のような競馬になるだろう。
こちらを中心視したい。

アースライズはスムーズな競馬なら最も不気味な存在。

ココロノアイは何度も言うが、同世代の牝馬の中では体力が抜きに出ている。
『キレ負け』はするが、崩れる事はない。
レッツゴードンキは今回『逃げ→差し位置取りショック』で必勝体制...この2頭はしっかりワイドで押さえておきたい。

クイーンズリングは前走20㎏の馬体減での激走がどう出るか?...おそらく反動が出ると見ている。

◎⑪キャットコイン
○⑭テンダリーボイス
▲⑩アースライズ
☆⑮ココロノアイ
☆⑥レッツゴードンキ
△⑧ルージュバック

馬券
・単勝
⑪     2000円
⑭     1000円
⑩     1000円
・ワイド
⑪-⑮   2500円
⑥-⑪   2000円
⑥-⑮   3000円

・3連複
⑪-⑮流し
→⑥⑧⑩⑭ 各500円
⑥-⑪流し
→⑧⑩⑭  各500円

○テンダリーボイスは外枠不利、▲アースライズは前走のストレス...と一長一短を持ち合わせた馬で、勝ち負けは十分にあり得るが馬券の軸としては信頼は置けないタイプ。単勝や、3連複の紐で狙い。

☆ココロノアイはキレ負けする公算が濃厚。レッツゴードンキは必勝体制もスローの競馬で『位置取りショック』の効果が半減する恐れもある。
しかしながら、力量があり安定した成績が望めるタイプだけに、ワイドではしっかりと押さえておきたい。


著者:夏影
 予想のベースになっているのは、今井雅宏氏考案の『Mの法則』。2002年の菊花賞。ヒシミラクル→ファストタテヤマの馬単を2点予想でゲット。 トライアルのレース振りから、ヒシミラクルは『淀の3000㍍で化ける』と確信しておりました。