三度目のG1でようやくピッタリ条件が嵌まるココロノアイ

オークスの予想を立てる前に、まずは今年の桜花賞についておさらいしておきたい。

例年の様にある程度のペースで流れてくれれば、体力的な要素が問われた上で更にレース適性も問われてくる。
本来桜花賞にしても、オークスにしても、基本的にG1レースとしての最低限の体力を問われるが故に、『1600→2400㍍』という距離延長に対する適性が問われてくるのだが、今年は様相が違っている。

今年の桜花賞は良馬場開催にも関わらず、前半1000㍍の通過ラップが1.02.5の超どスローの流れになり、全ての馬が脚を余す結果となった。
結局G1レース的な体力など全く問われる事は無かったのである。

話は変わって、今年の府中の馬場の高速化は著しく、先週のヴィクトリアマイルは前残りの競馬となった。
ペースが流れた競馬だったにも関わらず、実績のない人気薄の逃げ馬が3着に残っている事からも、当然このオークスにおけるポジション取りに対する重要性は各ジョッキーは認知しているはずだ。

となると、スタートからのポジション取りに対するジョッキー達の意識がペースに反映されるはずで、おそらく桜花賞のような超どスローにはならないはずだ。
スローになったにしても、1分01秒をちょっと越える程度の並のスローといった感じになりそうだ。
スローになってもポジション取りの重要性が問われるのならば、直線入口までに適切なポジションを確保しようと早い段階から攻防が激しくなるはずだ。
そんな訳で、今回のオークスは桜花賞の二の舞になる事なくしっかりと体力が問われてくるとみている。

そこで見直さなければならない事は、『桜花賞→オークス』というステップで『何が問われてくるか?』である。
桜花賞があまりにもダラダラした流れのレースになった為に、おそらく今回は『ペース激化ステップ』となり、スローの流れで精神コントロールの難しい馬にとっては有利に働く可能性が高くなる。
更にポジション取りの重要性が問われてくると、レースに対する『前向きさ』が問われてくる。
そして、桜花賞では一切問われていなかった体力が、ポジション争いや後半の攻防のタイミングで間違いなく問われてくるはずなので、前走との『体力的なハードさのギャップ』が重くのし掛かってくる事になるだろう。

今回の重視するファクターは、

①体力
②ペース激化に対する適応力
③物理的適性

プライオリティ的にはこんな感じで攻めてみました。


◎ココロノアイ
阪神ジュベナイルフィリーズでは、3-4コーナーで最内を突いてスルスルと進出...この前向きさが仇となり最後末脚を失う格好となった。
昨秋府中では、バックストレッチ捲りというマイル戦ではあり得ない戦法で桜花賞馬レッツゴードンキ相手に重賞勝ちを収めた事からも、この馬の体力が尋常でない事は明らか。
キレよりも体力寄りなので、物理的バランス的には決してオークス向きというタイプでもない。
しかし、今回は他の桜花賞組に対して『前向きさ』と『体力』でアドバンテージが持てるとともに、内枠で激しい攻防に巻き込まれる事により、持ち前の『集中力』をフルに生かせるタイミングでもある。
この馬の個性が120㌫生かされ必勝態勢とみる。
G1三度目の正直でやっとこの馬の条件に嵌まったような感じだ。
横山典の3戦連続G1制覇に期待。
まずは、単勝馬券で大きく勝負したい。

○⑦キャットコイン
スピードとキレのバランスが非常に良い馬で、物理的には最もオークス馬に相応しいタイプ。

▲⑥クイーンズリング
おそらく、ココロノアイに次ぐ体力の持ち主と見ている。
ペースが流れた1400㍍やマイル戦で差して、勝っている事からも物理的バランスも申し分ない。
本来なら本命視しても良い馬だが、蓄積疲労がそろそろ深刻化しても良さそうなタイミング。
桜花賞は、フィリーズレビューの馬体重20㎏減での激走の反動が出てもおかしくない状況であったが、投げずにしっかりと競馬をしてしまったのはマズかった。
今回は、極力揉まれない競馬を目指したい。

☆⑧ローデッド
ジェンティルドンナ、ミッキーアイル、エイシンヒカリ...と、たまにちらほら見受けられるS(目一杯走ろうとする性格)っ気の強いディープインパクト産駒か?
初勝利は時計の掛かる中京コースで、スピリッツミノルが前半59.8と飛ばしたレースを離れた3番手から差し切る競馬。
次走のフェアリーSでは400㍍の距離短縮レースでありながら、向正面で捲る競馬で2着に好走。
厳しい流れの競馬を先行して味があり、逆にスローの差し競馬はまるでダメ...と非常に解り易い(笑)タイプの馬。
今回思いきった先行策で思わぬ激走も考えられる。

明日の天気予報では午後1時から雨予報となっているが、降雨は1㍉程度の小雨との事、馬場への影響は無いとみる。

単勝
④     10000円
⑦     .3000円
⑧     .1000円
ワイド
④-⑦   .2500円
④-⑥   .2500円
④-⑧   .1000円
3連複
④流し
→⑦⑥⑧ 各.1000円
3連単
④1着指定流し
→⑦⑥⑧  各500円

著者:夏影
 予想のベースになっているのは、今井雅宏氏考案の『Mの法則』。2002年の菊花賞。ヒシミラクル→ファストタテヤマの馬単を2点予想でゲット。 トライアルのレース振りから、ヒシミラクルは『淀の3000㍍で化ける』と確信しておりました。