日本ダービー 2016 ディーマジェスティ 非TS戦では実力最上位,皐月賞馬としての威厳を見せられるか

★TS戦好走レース★
・未勝利(L2TS/L2最速)
★非TS戦好走レース★
・皐月賞(L2非TS/L2最速)|(L5非TS/L5最速)
・共同通信杯(L4非TS/L3最速)
●考察●
【TS戦の好走レース】
 未勝利戦は重賞ホースのマウントロブソンに勝ちきっているのでやや評価したいところではあるが、未勝利戦ということとタイム差なしを考慮すると過大評価は禁物。
【非TS戦の好走レース】
 皐月賞は重賞ホースのマカヒキに-0.2秒差、サトノダイヤモンドに-0.4秒差と快勝しておりベストバウトであると見て良い。
 共同通信杯は500万クラスのメートルダールに-0.3秒差とそこそこ骨のある馬ぐらいでは歯が立たないかなというレベルで見て良いのでは。
 上記から非TS戦予想では本命に推したい一頭。マカヒキやサトノダイヤモンドを完封した皐月賞は驚異。ただしTS戦予想ではややパンチ不足。



日本ダービー 2016 サトノダイヤモンド 能力上位も相手強し,G1馬に輝けるか

★TS戦好走レース★
きさらぎ賞(L3TS/L1最速)
・500万下(L3TS/L1最速)
★非TS戦好走レース★
皐月賞(L2非TS/L2最速)|(L5非TS/L5最速)
・新馬(L3非TS/L1最速)
●考察●
【TS戦の好走レース】
 きさらぎ賞は2着と3着に-0.6秒差の大差で勝ち切っているが、相手がレプランシュとロイカバード。この2頭は重賞で善戦しているものの重賞どころかOPでの勝ち星もない。対戦相手が弱かったケースが考えられるので要注意。
 500万下戦もきさらぎ賞と同様のことが言える。
【非TS戦の好走レース】
 皐月賞は重賞ホースのディーマジェスティマカヒキと比べ明らかに見劣った。
 上記からTS戦でも非TS戦でもある程度の力は見せているもののパンチ不足が気になるところ。人気候補の一頭になることを考えると地雷臭が感じられる。軸として選びたくない一頭。



日本ダービー 2016 マカヒキ 能力最上位,G1収穫祭となるか

★TS戦好走レース★
弥生賞(L2TS/L2最速)
・若駒S(L3TS/L2最速)
・新馬(L3TS/L2最速)
★非TS戦好走レース★
皐月賞(L2非TS/L2最速)|(L5非TS/L5最速)
●考察●
【TS戦の好走レース】
 弥生賞はG1ホースのリオンディーズにタイム差なしだが破っているし、重賞ホースのエアスピネルに-0.3秒差の快勝。
 若駒SはOPクラスのブラックスピネルに-0.5秒差の快勝。
【非TS戦の好走レース】
 皐月賞は重賞ホースだったディーマジェスティに+0.2秒差と完敗。同じく重賞ホースのサトノダイヤモンドには-0.2秒差で勝ち切っている。
 上記からTS戦ではかなりの有力馬と見て良い。非TS戦もそこそこ通用するレベルにありそう。上位人気の候補だろうが安定した能力は評価したい。



新潟大賞典 2016 予想 ◎マイネルミラノ L4TS(L2最速)読み

近5年のラップ形態
2015年:L4TS(L2最速)
2014年:L4TS(L2最速)
2013年:L2TS(L3最速)
2012年:L4非TS(L2最速)
2011年:L4TS(L2最速)

L4TS(L2最速)になりやすいレース。このラップで好走した馬を狙いたい。


◎マイネルミラノ
 新潟記念はL4TS(L2最速)戦だった。パッションダンスに敗れたものの、1600万クラスの常総S勝ち馬ファントムライトに-0.4秒差と圧倒したのは評価したい。枠も良いしここは是非とも狙いたい。

○サトノギャラント
 谷川岳SがL4TS(L2最速)戦だった。骨のあるメイショウヤタロウやアルバタックス相手にしっかりと勝ちきっているのは評価したい。今回は枠も良いし鞍上と手が合う可能性がある。人気も全くないのでここで積極的に狙いたい。

▲ヒストリカル
 六甲SがL4TS(L2最速)戦だった。テイエムタイホーに0.4秒差で敗れたのはちょっと気がかりだが、G3ホースサトノルパンにタイム差なしの3着を考えると悪くないなと。今回は枠も絶好だし相手も強くないのでここは評価を高めに。

△ダコール
 昨年の新潟大賞典勝ち馬。絶好の舞台と見て良い。近走も好走しており衰えも見えづらい。今年の相手もそこまで強くないのでしっかり抑える。枠がややちょっと外にあるが差し追込脚質なので不安は特にないかな。

△ショウナンバッハ
 ノベンバーSはL5TS(L2最速)戦。少しラップ形態がずれているが許容範囲と見た。強敵マテンロウボスに-0.3秒差と快勝なので評価した。ラップ形態が少しずれたので評価は控えめにした。

消パッションダンス
 新潟記念はL4TS(L2最速)戦の勝ち馬なので選びたいところだが、M.デムーロ騎手から津村騎手への鞍上弱化。2枠3番から5枠9番と枠の良さも削がれたことから今回は消すことに。



NHKマイルC 2016 予想 ◎メジャーエンブレム L3TS(L3最速)読み

近5年のラップ形態
2015年:L3TS(L3最速)
2014年:L3TS(L3最速)
2013年:L3TS(L3最速)
2012年:L3TS(L2最速)
2011年:L3TS(L3最速)

L3TS(L3最速)になりやすいレース。このラップで好走した馬を狙いたい。

◎メジャーエンブレム
 クイーンCでは圧倒的な強さを見せたレース。2着に-0.8秒差。3着に-0.9秒差。相手は格下ではあったが圧巻のパフォーマンスは評価すべき。

○イモータル
 サウジアラビアRCがL3TS(L3最速)戦になっている。強敵ブレイブスマッシュやアストラエンブレムにタイム差なしの2着。この舞台は合っているはず。枠の差でブレイブスマッシュより上の評価に

▲ブレイブスマッシュ
 イモータルと同様、サウジアラビアRCを評価。枠の差でこちらを3番手に。

△ティソーナ
 500万下戦がL3TS(L3最速)戦。2着クリーンファンキー、3着スキャットエディと相手は物足りなかったが、今回は鞍上がデムーロと一気に強化。ここは積極的に狙いたい。


※L3TS(L2最速)戦にもなりやすいレースだが、そうなるとロードクエストやトウショウドラフタ、レインボーラインあたりを狙いたくなるねぇ。



桜花賞 2016 予想

◆ポテンシャル面の問われるレース予想◆
メジャーエンブレム
ジュエラー
ウインファビラス
ブランボヌール
アッラサルーテ


◆トップスピード面の問われるレース予想◆
シンハライト
ジュエラー
レッドアヴァンセ
ラベンダーヴァレイ
メジャーエンブレム



桜花賞 2016 ウインファビラス 阪神JFのように厳しい流れの中バテ差しがハマれば

●コース適正●
1600m(0-2-1-2)
阪神(0-1-0-1)
 阪神JFで2着の実績。阪神1600mは適正と見て良い。

●騎手●
松岡

●脚質/ポジション●
差し

●LAP●
好走した阪神JFと新潟2歳Sを見てみる。
阪神JF:前3F-後3F(34.8-35.8)ハイペース。L2最速のL4戦(11.8-11.7-11.5-12.6)。
 L4から12秒代を切りL1は12.6とかなり落ちているしポテンシャル色強いLAP。ポテンシャル戦で圧倒的な力を見せるメジャーエンブレムには及ばなかったが、3着と0.2秒差をつけており一定のポテンシャルを見せた。ブランボヌール,ペプチドサプル,アットザシーサイドなど骨のある馬も多かった。
新潟2歳S:前3F-後3F(35.4-33.9)スローペース。L2最速(11.9-10.6-11.4)。
 前3F-後3F(35.4-33.9)と明確にスローペースなのだがL3を見ると(11.9-10.6-11.4)。仕掛けがやや遅いL2戦になっていてトップスピード面が問われるレース。トップスピード面で圧倒的強さを見せたロードクエストを除けば相手はそこまで強くなかったと感じているので過大評価は出来ない。
 上記からある程度ポテンシャル面が問われた方が良い馬で、好位からバテ差しというような展開が合うだろう。

■前走評価■
 チューリップ賞はトップスピード面が問われるレースで、ポテンシャル面が問われた方が良いウインファビラスには厳しいレースだった。特に3ヶ月の休み明けだったし良い叩き台だったと思うし上積みは見込めそう。

★短評★
 前走チューリップ賞の惨敗はトップスピード面が問われるレース。阪神JFでの好走を見る限りポテンシャル面で良さが出るレースが良いので度外視して良いだろう。厳しめのペースを内でしっかり脚を溜めてバテ差しを狙う展開になればハマるはず。とはいえメジャーエンブレムを倒せる力はないだろうし、ポテンシャル予想の紐扱いで良いだろう。



桜花賞 2016 ジュエラー トップスピード,ポテンシャル,両面が高い能力でバランス型。

●コース適正●
1600m(0-2-0-0)
阪神(0-1-0-0)
 チューリップ賞でトップスピード色強い競馬で好走。
 阪神マイルコースの適性は問題ないと見て良い。
●騎手●
M.デム

●脚質/ポジション●
追込

●LAP●
 好走したチューリップ賞とシンザン記念を見てみる。
チューリップ賞:前3F-後3F(34.6-33.9)スローペース。L2最速のL3戦(11.2-11.1-11.6)。
 中団グループ後方だったので実質ペースはよりスローだった。後方で脚を溜める競馬でトップスピード勝負で良さを見せた形になる。L5から見ると(12.2-12.1-11.2-11.1-11.6)とL3で一気に加速していることがわかる。
 上記から1600m戦ではトップスピード色強い競馬が合っている。追込脚質の傾向からL2戦などの仕掛けの遅れたトップスピード戦だと届かないパターンが多いタイプでもあるので注意。
シンザン記念:前3F-後3F(34.8-36.0)ハイペース。ポテンシャル戦。
 ハイペースラップになっていて序盤は一団となって追走しているので実質ペースと見て良い(3角あたりで番手以降が息を入れているので気持ちミドルより)。ゆえにポテンシャル色強いLAPになっている。
 上記からポテンシャル戦の方がよりジュエラーの良さが出る気はする。対戦相手に関してもチューリップ賞よりはシンザン記念の方が相手も強かったと見ているので。

■前走評価■
 シンハライトには完敗だったのは間違いないのでトップスピード面に関してはシンハライトの方が上だと思う。とはいえ一定のレベルは超えていると感じるのも事実。

★短評★
 トップスピードを問われるとシンハライトのほうが上。ポテンシャル面が問われると超強敵メジャーエンブレムが立ちはだかるのはなんとも。トップスピード面とポテンシャル面どちらかが抜けているというよりは、両方が一定以上のものを持っているというタイプに見える。大崩れはないタイプだろうが強敵相手に勝ちきるレベルにはまだ達していないかな。3歳なので成長力次第だが。



桜花賞 2016 シンハライト トップスピード色強い競馬で強敵を薙ぎ倒せるか。展開ハマり待ち。

●コース適正●
1600m(2-0-0-0)
阪神(1-0-0-0)
 阪神JF,クイーンCと2歳牝馬マイル路線で圧倒的強さを見せている。
 特に阪神1600mは阪神JFから見ても適正と見て問題ない。

●騎手●
池添

●脚質/ポジション●
差し~追込

●LAP●
 強敵ジュエラーを倒したチューリップ賞を見てみる。
チューリップ賞:前3F-後3F(34.6-33.9)スローペース。L2最速のL3戦(11.2-11.1-11.6)。
 中団グループ後方だったので実質ペースはよりスローだった。後方で脚を溜める競馬でトップスピード勝負で良さを見せた形になる。L5から見ると(12.2-12.1-11.2-11.1-11.6)とL3で一気に加速していることがわかる。
 上記から1600m戦ではトップスピード色強い競馬が合っている。追込脚質の傾向からL2戦などの仕掛けの遅れたトップスピード戦だと届かないパターンが多いタイプでもあるので注意。

■前走評価■
 トップスピード色強い競馬で強敵ジュエラーを倒したことは評価に値する。距離1600mに関しては問題ないし阪神コースも良い。
 トップスピードの高さは現世代は上位クラスと見て間違いないだろう。

★短評★
 超強敵メジャーエンブレムとは対照的でトップスピード色強い競馬で人気に推されている。ポテンシャル競馬になれば消したい一頭。逆にトップスピード色強い競馬になればメジャーエンブレムを負かす可能性は大いに秘めていると思っている。



桜花賞 2016 メジャーエンブレム 3歳牝馬マイラーとしては最上位。ポテンシャルの高さを武器に。

●コース適正●
1600m(3-1-0-0)
阪神(1-0-0-0)
 阪神JF,クイーンCと2歳牝馬マイル路線で圧倒的強さを見せている。
 特に阪神1600mは阪神JFから見ても適正と見て問題ない。

●騎手●
ルメール

●脚質/ポジション●
逃げ~先行
 ゲートが上手なので前目での競馬がしやすい。

●LAP●
 強さを見せたクイーンCと阪神JF。若干見劣りしたアルテミスSを見る。
クイーンC:前3F-後3F(34.4-34.7)ミドルペース。L3最速(11.2-11.6-11.9)。
 メジャーエンブレムが刻んだペースなので実質ペースのLAPと見る。中緩みのないミドルペースで最速がL3なのでポテンシャル色強いLAPになっている。
阪神JF:前3F-後3F(34.8-35.8)ハイペース。L2最速のL4戦(11.8-11.7-11.5-12.6)。
 逃げ馬にしっかり追走していることから、ほぼ実質ペースのLAPと見る。L4から12秒代を切りL1は12.6とかなり落ちているしポテンシャル色強いLAP。
アルテミスS:前3F-後3F(34.9-34.2)スローペース。L2最速(11.9-11.1-11.2)。
 逃げ馬に追走していることから、ほぼ実質ペースのLAPと見る。前3F-後3F(34.9-34.2)とミドルに近いペースに見えるがL5から見ると(12.4-12.6-11.9-11.1-11.2)。L5-L4はかなり緩んでおりL2からのトップスピード色強いLAPとなっている。
 上記からトップスピード戦よりはポテンシャル戦に持ち込んだ方が強い競馬が出来るている。

■前走評価■
 ポテンシャル色強いレースで強さを見せた。阪神1600mに続いて東京1600mもこなした。あのペースを楽々に逃げ切るポテンシャルの高さは並みじゃない。3歳牝馬のマイラー最上位で良いはず。
 対戦相手に関してはやや疑問は残るがそれを払拭する勝ち方でもあるのに違いはない。
 

★短評★
 特に死角がない。トップスピードでやや見劣る感じはするものの一定のレベルは持っているし、逃げの手を持っていることでわざわざドスローの瞬発力勝負に持ち込む必要がないことはアルテミスSの一戦で感じているだろう。オーバーペースに気を付けさえすれば難なく勝てるはず。