結果コラムブログ記事一覧

  1. 第77回 優駿牝馬(G1)結果コラム

    1着...シンハライト(石坂・池添) 私見では『ちょっと後ろすぎるかな?』と見ていたが、直線で前が開くとレッドアヴァンセ(田辺)と同馬に挟まれて一瞬脚が止まったデンコウアンジェたちを尻目に能力の違いを見せて優勝。奇しくも、昨年ルージュバック(戸崎・キャロットF)のリベンジをも果たす格好にもなった。 …
  2. 第153回 天皇賞(春) (G1)結果コラム

    1着...キタサンブラック(清水久・武豊) 「クラシック勝ち馬の方が上位!」...まさかのゴールドアクター惨敗で奇しくも厩舎・騎手の序列が明確になった事に驚かされた。 『だったらゴールドアクターの2着でも良いじゃない...(そしたら3連単ドンピシャだったのに)』と思ったが、これが中川厩舎の実力(主催…
  3. 第76回 皐月賞(G1)結果コラム

    1着...ディーマジェスティ(二ノ宮・蛯名) 昨年同様に共同通信杯からの参戦馬が皐月賞を制したという結果だが、多分にジョッキーたちの「らしくない騎乗」が目についたのが残念でもあり驚きでもある。 それでもこのメンバー相手に勝った同馬は一躍ダービーの主役に名乗りを挙げた事になるので、ロートル厩舎の2流鞍…
  4. 第76回 桜花賞(G1)結果コラム

    1着...ジュエラー(藤岡・ミルコ) 最後は首の上げ下げでジュエラーが桜を制す。 私的にはPOG指名のシンハライトが負けたので大いに無念でならないが、チューリップ賞組が上位と見た点はズバリだったのでこのワンツー決着は大いに納得した。 ただ一つだけ言わせてもらえれば、「石坂先生、これがあるから鞍上には…
  5. 第46回高松宮記念(G1)結果コラム

    結果的に1~3番人気順どおりに決まった今年の高松宮記念だが、ここに主催者の誤算が生じている事に気づかれた方は少ないだろう。それは、本当は3着にはアクティブミノル(藤岡康)が入線する予定だった事である。 1番人気の優勝は、どんなにミエミエの騎手のための八百長であっても人気に応えた形になるので理由づけが…
  6. 第65回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2)結果コラム

    1着...マウントロブソン(堀・シュタルケ) 人気馬が揃って後方待機という「流れに恵まれた勝利」というのが実情だろうが、それでも前走が丸山騎乗でも勝てたように馬は能力を見せていたので「皐月賞でも一発複勝候補」になれるだろう。(但し馬主さんのお陰で!) 2着...マイネルハニー(栗田博・柴田大) 人気…
  7. 第50回 報知杯フィリーズレビュー(G2)結果コラム

    1着...ソルヴェイグ(鮫島・川田) 「前走1番人気の巻き返し」...と言えば説明は付くが、要するにミルコのキャンディバローズ援護によって演出された3流ジョッキー(競馬学校上がり)優先好走によるラッキー優勝である。よって、今年のこのレースから桜花賞で3着に成れる馬は「何か特殊な出来事」が起きない限り…
  8. 第53回 報知杯弥生賞(G2)結果コラム

    1着...マカヒキ(友道・ルメール) スタートで最後方になった時にはヒヤリとしたが、道中で他馬が引っ張ってくれた事とリオンディーズが折り合い重視の王道競馬で今回は前めに位置取りしてくれた事で最後の最後に交わせる事ができた。 当初の推察どおり3頭の競馬になった訳だが、今回の1・2着の着順は展開のアヤと…
  9. 第90回 中山記念(G2)結果コラム

    1着...ドゥラメンテ(堀・ミルコ) 骨折休養の不安も吹き飛ばす王道競馬での勝利に驚嘆させられた。『この臨戦状況ではいくら何でも今回は勝てないだろう』と評価を下げたら、何の事はない、これまで見せた事のない直線早め抜け出しでソラを出しての勝利に、この馬をPOG指名した事を改めて誇らしく思ったほど。これ…
  10. 第33回 フェブラリーステークス(G1)結果コラム

    1着14...◎モーニン(石坂・ミルコ) やはり武蔵野Sで敗れたのは未熟な次世代ヤラセ騎手の川田のせいというのが証明されたのが何よりだし、さすがはミルコとしか言う他はないだろう。今後の若手騎手たちは、ちゃんと本物の名手が日本で乗ってくれているのだからミルコやルメールをお手本にレースを研鑚して欲しい。…
  11. 第50回 共同通信杯(G3)結果コラム

    1着...ディーマジェスティ(二ノ宮・蛯名) ハートレーが勝った時のヒモ好走が限界だと思っていた馬と騎手のコンビがまさかの1着になってしまったのには大いに驚かされた。しかも今回の人気馬に騎乗していたのが先輩の横山富雄の息子と同期で技量上位のはずの武邦彦の息子だったので余計に驚かされた。 ただし、これ…
  12. 第56回 きさらぎ賞(G3)結果コラム

    1着...サトノダイヤモンド(ルメール)池江 全くの完勝。順当過ぎる結果で非の打ち所がない。この馬のレースセンスと能力は、2歳王者のリオンディーズを上回っているとしか言えず、無事であればおそらく今春2冠を獲るだろう! 2着...レプランシュ(内田博) 高野 武豊と松永幹の競馬学校コンビの間抜けのおか…
  13. 2015 第60回 有馬記念(G1) 結果コラム

    最終予想 ◎ ○ ▲ △ 消 他 外◎...ゴールドシップ 57.0 (内田)○...サウンズオブアース 57.0 (ミルコ)▲...リアファル 55.0 (ルメール)△...アルバート 57.0 (アッゼニ)消...キタサンブラック 55.0 (横典)消...ラブリーデイ 57.0 (川田)他..…
  14. 2015 第67回 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 結果コラム

    最終予想 ◎ ○ ▲ △ 伏 穴 他 外◎...リオンディーズ 55.0 (ミルコ)○...エアスピネル 55.0 (武豊)▲...ショウナンライズ 55.0 (池添)△...ボールライトニング 55.0 (蛯名)他...イモータル 55.0 (武幸)他...アドマイヤモラール 55.0 (田辺)他…
  15. 第16回 チャンピオンズカップ(GI) 結果コラム

    最終予想 ◎ ○ ▲ △ 伏 穴 他 外 1着...他...サンビスタ 55.0 (ミルコ)「名手の腕が炸裂」...同馬の優勝はこの一語しかない。厩舎は一流(牧場仕上げだけじゃなく自厩舎でも馬をキチンと仕上げられる立派なスタッフがいる所)なので好走しても全く不思議じゃないと思ってはいたが、前走騎手が…
  16. 2015 第35回 ジャパンカップ(G1) 結果コラム

    最終予想 ◎ ○ ▲ △ 消 他 外 1着...他...ショウナンパンドラ 55.0 (池 添)オルフェーブルの敵討ちをここで果たすとは......「おめでとう!」の一語しかない見事な勝利。 2着...▲...ラストインパクト 57.0 (ムーア)好走は読めていたが......「そう言えばイギリス開…
  17. 2015 第32回 マイルチャンピオンシップ(G1)結果コラム

    最終予想 ◎ ○ ▲ △ 伏 穴 他 外◎...サトノアラジン 57.0 (ルメール)○...イスラボニータ 57.0 (蛯名)▲...クラリティスカイ 56.0 (横山典)△...アルビアーノ 54.0 (柴山)伏...フィエロ 57.0 (ミルコ)穴...ロゴタイプ 57.0 (浜中)他...カ…
  18. 2015 第40回 エリザベス女王杯(G1) 結果コラム

    最終予想 ◎ ○ ▲ △ 伏 穴 他 外 1着...伏...マリアライト 56.0 (蛯名)2着馬が大外枠に注意して乗った分届かずの結果も、この鞍上で凌ぎきった馬の調子の良さに畏れ入った。キャロット馬主さんの勝ち馬が同馬だったとは・・・厩舎は無論の事、蛯名は本当に恵まれたとしか言えない。 2着...…
  19. 2015 第53回 アルゼンチン共和国杯(G2) 結果コラム

    1着...◎...ゴールドアクター 56.0 (吉田隼)主役馬が積極競馬で直線競り勝つ。人気に応えた吉田隼の緊張感が伝わってドキドキしながらの観戦だったが、次戦はともかくここはキチンと重馬場もクリアしたのはより今後にとっても幸い。 2着...▲...メイショウカドマツ 55.0 (蛯名) 馬場を味方…
  20. 2015 第152回 天皇賞(秋)(G1) 結果コラム

    1着...○...ラブリーデイ 58.0 (浜中)騎手の不安など問題なく人気に応えて優勝。やはり、前走で完全に馬が強くなっていた事を示していたのは伊達ではなかった。京都大賞典結果コラムでも書いたように、このまま古馬代表としてジャパンⅭまでも好走して欲しい。 2着...▲...ステファノス 58.0 …
  21. 2015 第76回 菊花賞(GI) 結果コラム

    1着...▲...キタサンブラック 57.0 (北村宏)酒井がペースの落ち着く逃げを打ったため「これでは後ろの援護にならない」と思った騎手たちが向こう正面で息の入りにくい展開にすると、これを見る形で内に我慢していた北村宏が直線先頭の横山典とルメールの間を突いて差し粘った。北村宏が先行馬なのに直線まで…
  22. 2015 第20回 秋華賞(GI) 結果コラム

    1着...○...ミッキークイーン 55.0 (浜中)出遅れを印象付けていたものの大外枠が効を奏して出遅れずに最高の位置取りを確保すると最後は能力の差を見せて2冠達成。案の定で黛が自爆逃げして差し馬有利の展開を作ったのも幸いしたが、馬の能力がなければこの着差でキッチリ勝てはしなかった。今回の勝利で当…
  23. 2015 第50回 京都大賞典(G2) 結果コラム

    1着...△...ラブリーデイ 58.0 (川田)58kgも問題なく宝塚記念馬の実力を見せつけた。もうおそらくこのメンバー相手には負けないと思われる。 2着...〇...サウンズオブアース 56.0 (浜中)健闘もまた2着。あとは鞍上をもっと勝てる騎手に変えるしかないだろう。もちろん外人である。 3…
  24. 2015 第66回 毎日王冠(G2) 結果コラム

    1着...◎...エイシンヒカリ 56.0 (武豊)綺麗な一人旅でトライアル戦の勝ち馬らしい勝ち方。ただし本番でここまで楽に逃げられるかは甚だ不安。 2着...〇...ディサイファ 57.0 (四位)10レースまでの四位とは思えない必死の追い姿に苦笑した。本番用なしの筆頭馬だと思うが、今回同様によそ…
  25. 2015 第49回 スプリンターズステークス(G1) 結果コラム

    1着...ストレイトガール(戸崎)道中は先行集団の直後につけて直線で満を持しての差し切り勝ち。高松宮記念で思わぬ敗戦を喫してから鞍上を戸崎に変えて成功した稀な存在。何しろ同馬は岩田が乗っていたのだから。それでも岩田と同じく腕を見込まれて転入してきた戸崎なので稀と言っても不思議な訳ではない。とにかく非…