2020/12/20(日) 中京 距離ロスチェック馬リスト

1R 2歳未勝利 1400m テン早く中盤少し緩い中弛み
無し

2R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1900m テン早く中盤緩い中弛み
無し
こういう極端な中弛みペースは評価が難しい。
内で折り合いを欠いた持続力タイプを拾いたいが、そういう馬を見つけるには前提知識が必要。

3R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1800m テン緩く後半5F早い。特に3角早い。
無し

6R メイクデビュー中京 1800m 前半5F緩い
サムハンター2.5→4
4角が早い流れを外から進出して2着。見た目通りの好内容。

10R 寒椿賞 1400m テンかなり早い
メディーヴァル3→3
ハイペースだったのでベタに外先行をチェックしておく。

11R 三河ステークス 1400m テンかなり早い
無し



2020/12/19(土) 中京 距離ロスチェック馬リスト

1R 2歳未勝利 1800m テン緩い
無し

2R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1800m 前半5Fかなり緩い
無し

3R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1200m 少し中弛み
無し

6R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1800m 中盤、上がり2F少し早い
レッドラトゥール3.5→4
初ダートながら好内容の走り。

8R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1400m テン早い中弛み。
無し

12R 大須特別 1400m 平均ペース
プリミエラムール4→4
膨れ気味に4コーナーを走っていた。これで0.9差なら評価出来る。



2020朝日杯FS 予想 強い牝馬に「負けた」2頭

◎モントライゼ
京王杯2歳Sはテン早く中盤緩い中弛みペースを先行して勝利。
テンで脚を使っており、早め先頭から押し切ったのは強い内容。
ペースの緩急にも対応出来ていたので、一介のスピード馬には思えない。
小倉2歳Sではメイケイエールに真っ向勝負で敗北しているものの、ハイペースを2番手で追走していたので悪く無い内容。

○バスラットレオン
前走は20キロ増で度外視。
札幌2歳Sはシビアなペースを先行し、4角ではソダシ、ユーバーレーべンと共に早めに仕掛けての3着。
共に仕掛けた2頭には敗北したが、その2頭は阪神JFで結果を出しており、レースレベルは高かった。
新馬戦は超スローペースにもかかわらず直線で後続を突き放しており、ワンペースの先行馬のようでいて実はキレる脚が使えるタイプ。

モントライゼもバスラットレオンも戦績のイメージよりもずっと、阪神1600mをこなせるタイプだと思う。

人気馬はどれもそれなりに強いが、ドゥラモンドは前走の内容が「仕掛けの遅い地点で外を回って差す」という見た目は派手だが内容は軽いものなので軽視したい。



2020/12/13(日) 中京 距離ロスチェック馬リスト

中京芝は内が少し傷んできているので、ダートのみ距離ロスチェックを行います。

1R 2歳未勝利 1800m 中盤少し早い
無し

2R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1400m テン早い
無し

3R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1200m 前傾ラップ
ロンズデールベルト4→4 直線ヨレる
内の馬が邪魔で余計に外を回された。
直線で外にヨレた際にピッチが落ちていて、本気で走るのを一瞬辞めたようにも見えた。
着差は大きいが、余力が残っている可能性があるためチェックしておく。

7R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1900m テン2.5Fと上がり2Fがかなり早い中弛み
中弛みのため無し

9R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1800m 中盤少し早い
ウーゴ3→3
中盤で他馬が動き、それを外先行で追い掛ける形になった。
これで0.7差ならむしろ好内容。1年の休み明けとは思えない。次走狙い。



2020/12/12(土) 中京 距離ロスチェック馬リスト

1R 2歳未勝利 1200m 前傾ラップ
無し

2R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1800m 後半5F少し早い
無し

3R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1200m 平均ペース 少し中弛み
無し

6R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1800m 平均ペース
無し

7R 2歳未勝利 2000m 上がり少し早い
無し

8R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1400m テン早い 少し中弛み
ヤンチャプリヒメ3.5→4
直線でも止まっていなかったので、人気を落とすようなら狙い目。

9R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1400m テン早い
無し

10R 犬山特別 1900m テン早く中盤少し早い前傾ラップ
無し

11R 中日新聞杯 2000m 上がり早い
サトノソルタス3.5→4.5
スローで4角が早い流れを後方の外にいてどうしようも無かった。
これで人気が落ちれば買いたいが、金鯱賞2着の実績があるので落ちないか?

12R 豊川特別 1600m 中盤少し早い一貫ペース
無し



2020/12/6(日) 中京芝 距離ロスチェック馬リスト

4R 2歳未勝利 1200m 前傾ラップ
無し

5R メイクデビュー中京 1400m 前傾ラップ
無し

7R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 2200m 中弛み 後半4.5F少し早い
無し

9R こうやまき賞 上がり早い
無し

10R 中京日経賞 中盤少し早い
ナイントゥファイブ3→2.5
少し早い中盤を外先行して0.4差。
前走の3歳以上1勝クラスでは、(外有利な馬場だったとはいえ)終始外を先行して早めに押し切る強い競馬で、2勝クラスでも間違いなく通用する。狙い目。



2020/12/5(土) 中京芝 距離ロスチェック馬リスト

4R 2歳未勝利 1600m 上がり2F早い
仕掛け遅いためチェック馬無し

6R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1400m 前傾ラップ 少し中弛み
サンドスピーダー4→4
負けすぎかもしれないが、最低人気の馬が57キロを背負って外に張られながら先行したのなら、やはりチェックしておきたい。
※12/9に登録抹消されました。地方競馬に移るそうです。

9R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1600m 平均ペース
無し

11R 浜松ステークス 1200m 平均ペース
無し

12R 栄特別 2000m 後半5F早い
無し



2020/12/6(日) 中京ダート 距離ロスチェック馬リスト

1R 2歳未勝利 1800m 中盤少し早い。上がり2F少し早い。
レンツシュピッツェ2.5→4
外を回して上がりも落ちていないという、見た目以上に強い競馬。
次走人気になると思うが、高評価が必要。

2R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1200m 中弛み
無し

3R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1800m 後半5F少し早い。上がり2F早い。
無し

6R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1800m 中盤早い。上がり2F少し早い。
無し

8R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1400m 前傾ラップ
無し

11R チャンピオンズカップ 1800m 中盤早い
カフェファラオ3.5→3.5
揉まれるのを嫌ってか、終始外々の競馬。
大負けしてもおかしくない競馬だが、勝ち馬以外とは小差にまとめてきた。間違いなく強い。

12R 鳴海特別 1400m 前傾
無し

G1デーのせいか上手い騎手が多く、距離ロスチェック馬が少なかったです。



2020/12/5(土) 中京ダート 距離ロスチェック馬リスト

中京ダートはとにかく外枠不利。
下り坂でペースアップした3・4角で外を回すと遠心力で振られ、スピードに乗せても直線入ってすぐの急坂でスピードを削がれる。
ということで、中京ダートで距離ロスが目立った馬をチェックしておきます。
次走、ベタ買いしただけで儲かると思います。

※「ペースが早い地点で3頭分以上外を回り、大敗していない」くらいがチェックの基準です。
「馬名+3角で何頭分外を回ったか→4角で何頭分外を回ったか」を記載しています。
ツーターンコースのみ、1・2角の距離ロスが目立ったケースはそれも記載しています。

1R 2歳未勝利牝 1800m 平均ペース
仕掛け遅いためチェック馬無し

2R 2歳未勝利 1400m 前傾ラップ
ゴイゴイスー3→3
リュウノエルヴィス4→3.5
ラロワイヤル3.5→4.5
かなり前傾度が高いラップを3頭分外に張られながら先行したゴイゴイスーは、スムーズな先行策が決まればすぐに巻き返す。
リュウノエルヴィスとラロワイヤルもかなり外を回っていたが、ペースを考えるともう少し差せても良かったように思う。

3R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1900m 中盤早い
アルマトップエンド3→2 向正面で押し上げる
早めに動いたがコーナーでペースが上がりやや後退。
ちぐはぐなレースをしたのは間違いないが、スムーズでももう少し楽に3着が取れていた程度なので、次走買えるかは微妙。

5R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1200m 前傾ラップ 中弛み
無し

7R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1800m 後半4F早い
キースローガン3→2.5
イルフェソレイユ4.5→3.5
後半4Fが早く、外を回すと見た目以上に厳しい。
この流れで外を回した2頭はチェック。
特にキースローガンは直線でも失速していないため、次走狙目。

8R 3歳以上1勝クラス(500万円以下) 1400m 超前傾ラップ
無し

10R 浜名湖特別 1800m 後半5F早い
タガノエルフ3→3 向正面で押し上げる
毎回早めに動く競馬しか出来ないので狙いにくい馬だが、今回は間違いなく強い内容だったので買い続けるのも良さそう。



2020ジャパンカップ 予想 人気とは違う「3強」

○2アーモンドアイ
前走は得意とは言えないスローペースを無難に抜け出して勝利。
スローが向いたフィエールマンの末脚が目立っていたこともあり、アーモンドアイ自身のパフォーマンスは物足りなく映るが、普通に好内容のレースだった。
むしろ、フィエールマンの土俵(中長距離的な流れ)で勝ち切ったことで、今回の2400mという距離に対する不安が払拭されたようにも思える。

○6コントレイル
完成している東京巧者。既に完成しているのに、古馬より2キロ軽いのはズルい。
今年は牝馬より牡馬路線の方がレベルが高かったと思っているので、デアリングタクトより上の評価。

▲15グローリーヴェイズ
中弛みロングスパートなら崩れない馬。
強力なペースメーカー不在、内の馬場が傷んできた東京2400mなら、溜めて持続力で差す競馬が叶いそう。
中間点でペースがグッと緩むようならアーモンドアイやコントレイルに対しても優位に立てそうで、上位評価必須。

...デアリングタクト
スピード指数的な裏付けが弱いのがどうしても気になる。あと、牝馬路線のレベルの低さも気になる。
53キロの斤量差を活かすには先行したりペースに緩急があったり高速馬場だったりする必要があるが、これまで先行力は示しておらず、ペースはややスローからの持続力勝負になりそうで、馬場も時計が掛かって来ている。
アーモンドアイとコントレイルが好位置を取る中で、数馬身後ろからこの馬が差すには高い持続力が必要。
その高い持続力は、まだ示していない。

...カレンブーケドール
古馬になると3歳より斤量を2キロ背負う。その斤量差を覆すには、底力や持続力の強化が必要。
近2走の走りからは、底力や持続力の強化は窺えない。

...ワールドプレミア
菊花賞はインを立ち回った好騎乗、有馬記念はハイペースの追い込み(印象ほど距離ロスしていない)なので、高評価は出来ない。

先行力のあるアーモンドアイとコントレイル、持続力のあるグローリーヴェイズの「3強」だと思っています。

2020/11/28追記
インの馬場はほぼ死んでいるものの時計レベルは回復してきている。
グローリーヴェイズの大外枠が普通に不利になりそうなので、評価を○から▲に落とします。

○2アーモンドアイ(前走好内容)
○6コントレイル(東京巧者)
▲15グローリーヴェイズ(中弛みなら能力上位)

三連複
2-6-15 400円
計400円