京都金杯 2016 傾向


競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

★傾向★
年/前半/後半/ペースUP/最速
2015/+28/-28/L4/L3
2014/ +9/ -9/L4/L3
2013/+16/-17/L4/L2
2012/-19/+19/L2/L2
2011/+17/-18/L4/L3

京都金杯の基本的な傾向としてはL4戦。下り坂に差し掛かるところから動きやすい。
3F~4Fは上り坂ゆえに緩むのだが大きく緩むのは4Fだけ。先行争いが激化すると3Fぐらいまで流れてしまうこともあるので前傾ラップになることがある。2012年が特にそうでシルポートが大外枠発進からハナを主張したこともあり前傾ラップとなった。まぁ基本的には後傾L4戦が京都金杯の定石。最速はL2かL3になりやすいレースで基本の最速はL3かな。2Fと3Fが割と流れた場合は仕掛けが遅れてL2最速になることも少なくない。

さて今年はどうなるかだが、逃げ馬最有力候補はバッドボーイだろう。テイエムタイホーあたりも有り得るが無理にハナを主張する馬でもない。ウインプリメーラやケイティープライド、トーセンスターダム、枠によってはヤマカツエースなど先行勢は豊富。枠順次第では序盤は流れる可能性は少なくない。特にバッドボーイが大外枠でも引こうものなら、というところだ。
バッドボーイがすんなりハナを主張出来そうなら後傾L4戦の最速L3戦と読みたい。先行争いが激化しそうな場合は平均L4戦の最速L2戦というようなイメージを持っておきたいかな。

著者:雀
 競馬ナンデ予想陣の予想を参考資料にオリジナル予想!!(パクリ疑惑)1番人気を軸にすることはほぼありません。

関連動画