有馬記念 2016 傾向


競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

★傾向★

【コース形状】
●前半ペースについて
 3.5Fまでは平坦で4.5F~5.5Fまで上り坂とペースが落ち着きやすい要因がある。
●後半ペースについて
 L7から下り坂になっていくのでここで勢いをつけていきたい形状になっている。L5で平坦に戻るのでここが仕掛けの分岐点になりやすい。L1に上り坂があるので、それまでペースを温存してL2はトップスピードの質が問われやすい。

【仕掛け】
●近10年の傾向
 L5戦のようなレースラップは8/10と8割近い。
 2009年はL4戦のハイペースラップ。
 2013年はL5最速の特殊ラップが刻まれている。
 それ以外はほぼL5戦のような形なので今回もL5戦というロンスパを得意とした馬を狙っていくことが良いだろう。

【最速LAP】
 L2最速 7/10
 L5最速 3/10
 L2最速になりやすいレースだが、L5最速の傾向も少なくないので要注意。馬場が渋るとL5最速になりやすい傾向がある。

【トップスピードの質】
●近10年の傾向
  TS戦 5/10
 非TS戦 5/10
 綺麗に半分に分かれたので、前半が厳しいのか緩むのかを見極めないと馬券を当てるのは厳しいなという感じ。ただし以下に注目。
●芝:良 ダ:良 という条件で見た場合
  TS戦 5/7
●芝:良~稍 ダ:稍~重
 非TS戦 3/3
 馬場が渋ると非TS戦になりやすいコースであるのは間違いない。当日の馬場状況は要チェックになる。

著者:雀
 競馬ナンデ予想陣の予想を参考資料にオリジナル予想!!(パクリ疑惑)1番人気を軸にすることはほぼありません。

関連動画