チャンピオンズC 2016 予想


競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

★ペース★
スローを想定。
理由
①今回の逃馬のタイプ。
 モンドクラッセコパノリッキー。どちらも序盤で無理をしたくないタイプでスローで進めたいタイプであること。
②先行馬のタイプ。
 今回の先行馬たちもペースを上げていきたいタイプが少ないこと。強いて言えばアポロケンタッキーあたりはペースを上げてもやれる可能性はあるが、スローでもやれるタイプだし、やはり騎手が松若ということを考慮すると無理に突く可能性は低い。また、大外枠に入ったモーニンが奇策を打って絡んでくる可能性もあるが、この可能性は度外視することにする。
 というわけで、スローで良さが出ている馬を狙うことにする。


コパノリッキー
 帝王賞を最大限に評価。帝王賞は前4F後4F差が0.9秒とややスロー。先行してノンコノユメを0.7秒差で子供扱い。スタートが拙い馬なので、上り坂スタートの中京1800mはちょっと不安だが、それでも五分に出れれば問題ないはず。
 前走はJBCクラシックの5着と馬券からこぼれたが、前4F後4F差が-0.8秒のややハイペース。距離もやや長かった中での先行ポジション。ペースがやや早く本来の脚を引き出せなかったと考えて良いし、アウォーディーに0.7秒差だが驚くほどパフォーマンスが落ちた感じでもないので大丈夫。
 テンノリのルメールだがここは期待も込めて本命に推す。

アポロケンタッキー
 仁川Sは前後0.1秒のミドルペースだが、この馬自身は0.7秒のややスローペースで走っている。そのなかでドコフクカゼに0.4秒差の快勝は侮れない。
 そしてやはりみやこS。前後-0.4秒のミドルペースだが、この馬自身は1.2秒のややスローペース。ここではグレンツェントやロワジャルダンモンドクラッセなど骨のある馬を撃破しているし侮れない。またコパノリッキーを目標に動きやすい良い枠である。

モンドクラッセ
 東海S組を評価。東海Sは1.6秒のスローペースで強敵アスカノロマンに0.3秒差で敗れたが、今回はアスカノロマンが低調しているゆえに逆転は可能と見る。
 スローペースで言えば大沼Sもそう。ビービーバーレル相手に0.5秒差の快勝。ここは重い印をつけて良い。

メイショウスミトモ
 ラジオ日本賞を評価。ラジオ日本賞は前後-1.6秒のハイペースではあるのだが、この馬のペースは1.0秒のややスローペース。ここでケイティブレイブに勝ち切ったのはかなりの評価をしてあげたいなと。
 阿蘇Sでも前後-0.1秒のミドルペースだが、この馬自身は0.6秒のややスローで勝ちきっている。全く人気がないので大穴狙いで一番面白い。

モーニン
 足抜けの良い高速ダート巧者だと思っているので評価はやや下げた形。
 日本TV盃をそこそこ評価していて、前後0.1秒のミドルペースでスローといった形ではないのだが、それでもアウォーディー相手にタイム差なしでやれた馬はこの馬だけなので、ここは軽く押さえておきたい。

アスカノロマン
 ここ2走が低調でなければ本命まであったのだが、やはり前走のみやこSでのパフォーマンス低下は払拭出来ない。とはいえスローペース読みで切ることは出来ない。押さえておく。

アウォーディー
 正直消そうかなとも思ったがやはり実力が頭2つは抜けているので押さえた。とはいえ、スローペースで多頭数ならこの枠だと包まれる可能性が高いし、他の馬がこの馬をマークするのは必然。自分から動けないパターンはこの馬にとって甚大なマイナス材料になる。馬券的妙味からも今回は蜘蛛の糸を掴むような押さえ馬券にした。

三連複一頭軸
◎-○▲△(15点×3000円)

著者:雀
 競馬ナンデ予想陣の予想を参考資料にオリジナル予想!!(パクリ疑惑)1番人気を軸にすることはほぼありません。

関連動画